アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

【起業のためのビジネスアイデアvol.3-中編】2017年有望ビジネスモデル_ビジネスパブリシスト

アントレプレップ(起業準備)アドバイザーの白濱です。

前回に引き続き、

2017年イチオシの有望ビジネス。『ビジネスパブリシスト』を紹介します。

【起業のためのビジネスアイデアvol.3-前編】2017年有望ビジネスモデル_ビジネスパブリシスト

 

ビジネスパブリシストとは(復習)

売るモノを持っているヒト

(実績がある著名人や著者、有名ではないけど実績があるヒト)

のプロモートから入ります。

具体的には、講演会や勉強会を開催しながら、SNS等で世の中に広めていくシゴトです。

週末や平日の夜が主な活動時間になるため、会社員をしながらはじめる事ができます。

 

つまり、

商品ゼロ、知識ゼロ、人脈ゼロから
「起業準備の段階で」、
収益、ノウハウ、起業マインド、ブランディング、顧客リスト、プラットフォーム

起業に必要な(起業後に苦労する)モノ、を全て身につけることが可能です。

 

それも、ヒトや社会のお役に立ちながら、行えるのが、
ビジネスパブリシストです。

 

ビジネスパブリシストのメリット(抜粋)

  1. 『商品がなくても、他人の商品(ノウハウ)ですぐにはじめられる』
  2. 『2017年以降、広める力があれば、希少価値を持った存在となれる』
  3. 『顧客リストが集まり、継続的なビジネスに育てやすい』
  4. 『人の笑顔を見ながらシゴトができる』
  5. 『自身の地域や業界を元気にできる=日本を元気にできる』
  6. 『小資本ではじめられ、起業に最適』
  7. 『講師の名前で、自身のブランディングが可能』
  8. 『圧倒的なスピードで人脈を広げられる』
  9. 『講師の真横で、学ぶ事ができる』
  10. 『すでに商品を持っているヒトは、他の商品への集客に使える』
  11. 『起業家スキルを身につけられる』
  12. 『流れの速いWEBの時代に、流行り廃りに流されにくい』
  13. 『会社員をしながら、複業(副業)として行える』
  14. 『自由なライフスタイルを得られる』
  15. 『続ければ、必ず成功できるビジネスモデル』

ざっと、あげるだけで、これだけのメリットがあります。

 

ビジネスパブリシストとして活躍できる業界

世の中のニーズをつかみ、そのニーズを満たせるヒトを、起業家目線で探す。

という流れなので、

基本、どんな業界でも活躍できます。

 

地方、都会、場所は問いません。

地方の方が、どちらかというと需要が大きくあります。

 

唯一、向いていない業界があるとしたら、
ネットワークビジネスの業界です。

 

 

始め方は、、、

世の中に広めたいヒトのリストアップ、そしてアポを取って契約します。

 

 

なかなかアポが難しいんじゃないか?

という声がありそうですが、

 

26歳、27歳ぐらいの時、自分のサラリーマン時代。
エグザイル(LDH)にも、アポとって契約交渉に行っていました。

「今日の午後オフィスに来てくれ」と、すんなりアポが取れ、
会社には、「腹痛です。。。」と昼から帰らせてもらって
そのまま新幹線に乗って行ってました^^;

 

それぐらい、思っているほど、アポとりも難しくはないという事です。

 

 

次回、後編として、ビジネスパブリシストの始め方を紹介しますヽ(^o^)丿