読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

2017年以降の起業には、6W3Hではなく、1V6W3Hが必要

■事業計画書や、企画書を作成するときに 
 
6W3H(もしくは、5W2H)が大事
ということは聞いたことがあると思います。
  

これからの時代は、
6W3Hではなく、1V6W3Hが必要です。

 

6W3Hとは

◆6つのW
*Who 誰が
*Whom 誰に
*When いつ
*Where どこで
*What 何を
*Why なぜ
 
◆3つのH
*How どのように
*How many どのくらいの数で
*How much いくらで
 
これらの、頭文字を取って
6W3Hと呼ばれています。
この6W3Hを意識して
事業計画書、企画書を作成することで、
 
情報を網羅し、相手を納得させられる資料ができます。
 
 
 
・・・という事は、
どこでも、だれでも言っています。
 

これからの時代は、1V6W3H

これからの時代にマッチした
起業スタイルやビジネスモデルを考えるうえで
"社会性"、”ソーシャル活動””は欠かせません。
 
 
おそらく、今後
全てのビジネスにおいて重要になってきます。
 
 
これから起業するヒト
ジブンビジネスを行なっていくヒトは、
[ 6W3H ]
ではなく、
[ 1V6W3H ]
で事業計画書、企画書を作る必要があります。
 
 
Vとは、VISON(ビジョン)
の事です。

 

別に綺麗事をいう必要はありません。
新しくビジネスをはじめるにしても、
情報や、アイデア、方法はありふれている時代なので
多くのライバルも、すでに注目しています。
 
「これを、やりたい!」
 
っていう想い、発信することで
他との差別化につながります。

 
 
年始ということで、VMPCを書いて見てください。

 

V:ビジョン
M:ミッション
P:パッション
C:コミットメント
 

ちなみに、書いて見ました_φ(^ω^) 
-----------------------------------------------------------
【 私、白濱良太のVMPC 】

 2017年

夢舞(MOVE)investor
(=夢に舞い、世の中にムーブメントを起こせるヒトのお手伝いをする夢現投資家)に成り
日本初の『The Entertaine Funding』をつくる。
立ち上げるアーティスト専門投資会社名は
《夢舞(Move)investor's》
最低資本金10億円
その為に、2017年中に創設メンバーと成り得る
Partne investor(イケてる20代社長)を30人つくる。
-----------------------------------------------------------