読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

【起業準備】問題を細分化する思考習慣をもつ

起業マインド

アントレプレップ(起業準備)アドバイザー白濱です。

 

ちょうど今、

社内資料として『チラシ』の改善についてまとめていたので、一部をシェアします。

WEBサイトにも、同じ考え方が当てはまります。

 

起業前にも、問題を細分化する考え方は使えるので参考にしてください。

 

(講演会でもセミナーでも、クラブパーティーでも何でもいいのでイメージしやすいものに置き換えてください。)

 

イベントのチラシを作りました
配っても配っても、事前参加の申し込みがありません。

どうしますか?

 

根性で、さらに枚数をまく。っていう人もいるかもしれませんが^^;

ここで、問題を細分化します。

 

申し込まない理由を分けます。仮でこの3つに分けたとします。

①そもそも、読んでないので申し込まない

②内容に興味がなくて申し込まない

③興味はあるけど、申し込まない

 

さらにそれぞれの原因を
ペンと紙だけもって、デジタルシャットダウンして、
書けるだけ、書き出していきます。

 

①そもそも、読んでないので申し込まない
「キャッチコピーが面白くない、イベント自体面白そうなイメージがない、チラシがダサい・・・」

②内容に興味がなくて申し込まない
「イベントの魅力がきちんと伝わっていない、内容が響かない、同じようなイベントに参加して失敗した経験がある・・・」

③興味はあるけど、申し込まない
「金額が高い、今回行かなくてもまた次回に行ける、遠い、主催者の写真が生理的にムリ」

 

このように分けていく事ができます。

次に、それぞれの解決策を書き出して行きます。

 

「チラシがダサい」
→「デザイナーにセンスがいいチラシを依頼する」

「イベントの魅力がきちんと伝わっていない」
→「キャッチコピーを変える、ベネフィットを羅列する」

「主催者の写真が生理的にムリ」
→「ヨレヨレの首元のシャツではなく、ジャケットの写真に変える」

 

全てにおいて、解決策をかきだせたら、次は優先順位を決めていきます。

 

優先順位の決め方は、下記の3つの視点で評価をして、決めます。

・効果がありそうな事 A〜C(高〜低)

・コスト A〜C(安〜高)

・時間 A〜C(短〜長)

 

どんな問題も、細分化することで
解決策を自ら導き出す事ができるようになります。

これこそが、起業前に身につけておくべきスキルだと思います^^

 

 

追伸・・・

 

では、「恋人ができない」という問題でも当てはめることは可能。

恋人ができない理由を3つに分けてみます。

①そもそも出会いがない

②見た目がイケてない

③内面がイケてない

 

さらにそれぞれの原因を
ペンと紙だけもって、デジタルシャットダウンして、
書けるだけ、書き出して、解決策を自ら導き出してみてください。

 

ではっヽ(^o^)丿