読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

イマドキの起業で失敗しないための「個人プラットフォーム構築」_後編

アントレプレップ(起業準備)アドバイザー白濱です。

 

前回に引き続き、個人プラットフォーム構築について説明します。

(過去記事:イマドキの起業で失敗しないための「個人プラットフォーム構築」_全編 

個人プラットフォームの持ち方

 1. 活性化するメディアをつくります。

得意な事、自身が専門性を持てる事で、SNSを中心に公開して
活性化するメディアを持ちます。

何の専門家になるか?

「人から頼まれることや、質問されることが多いことはなんですか?」

このセルフクエスチョンをしてみてください。

 

2.流行りのメディアを使う

facebookやTwitter、Ustream等々、様々なメディアがありますが、
まずはひとつで構いません。

なぜなら、メディア内で整備がまだ整っていないタイミングの方が、こちらのやりたい事をやりやすので、新しくできたメディアの方がオススメです。

 

3.与えて与えて与える

見込み客(将来のイベント参加者や、応援者)が興味を持ちそうな事を どんどんと情報提供していきます。

 

続けていくと
この件は、あなたに相談してみようという方が現れてきます。

そこまで来ると、友達に自然と紹介してくれたり、イベント参加、商品購入もしてくれるようになっていきます。

 

そこまで活性化したメディアを持つ事ができれば
参加者同士の交流や、マッチングの仕組みを持たせる企画を立てていきます。

 

今は、会社員をしながらでも、
ブログや、ソーシャルメディア運用は始められます。

起業前に、個人プラットフォーム構築をすすめておきましょう。

 

ではっヽ(^o^)丿