アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

<ビジネスチャンス>リモートワークによる働き方の変化

アントレプレップアドバイザー白濱です。 
場所を選ばず、自宅でも、どこにいても働ける。
リモートワークについて紹介します。
 
日本でも、限界集落でプログラミングをしたり
リモート医師、リモート弁護士、リモート税理士、リモート秘書等
業種も増えてきています。
  
 
今後の働き方変化を予測するために
米国の事例を少し紹介しますね♪
 
 
・リモート会計士
リモートワーカーをメインに雇用している
米国の会計ソフト会社では
年収1000万円を超えるリモートワーカーもいます。
http://careers.intuit.com/
 
・リモート医師
夜間にリモート医師として働くことで、
フルタイムで昼間に働いている医師と同等の給料を稼ぐこともできています。
https://www.doctorondemand.com/
 
診断の印象が、ウェブ上でのレビューが残るため
評価のいい医師は、さらに稼ぐことができるシステムになっています。
 
 
日本ではまだまだ、リモートワークというと
フリーランスとして働くことが一般的ですが、
米国では、フルタイムリモートワークという、医療保険、福利厚生、休暇等も充実した雇用形態も整ってきているようです。
 
今後、日本でも、場所にとらわれず
どこにいても働ける時代になりそうですね^^
 
 
★ビジネスネタとして。
米国では、リモートワーカー向けに
映像や音の設定、服装や背景の配慮、カメラ目線でのアイコンタクトの仕方、メモを取る時は音を立てないように手書き
等の、『エチケット集』も出回っているようです^^
 
-------------------------------------
【署名】
夢舞 Founder / Move Investor
※※ Hope & Belief & Move ※※
RYOTA SHIRAHAMA
私は、世の中にリーダーを輩出するため
自分自身の『自己表現/アイデンティティー』である
"起業"をサポートしています。
 
2017年、夢舞(MOVE)investorとして
夢に舞い、世の中にムーブメントを量産デキるヒトを応援する
投資会社《夢舞(Move)investor's》を最低資本金10億円で設立します。 
-------------------------------------