アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

【書評】〆切仕事術 著者:上阪徹

『はじめてみよう!やってみよう!』 

アントレプレップ(起業準備)の呉宮はじめです!
 

お待たせいたしました。

起業に関する本を毎日読んで書評のコーナー

 

今日紹介する一冊は

〆切仕事術

 

著者:上阪徹

“〆切仕事術”

左右社)

 

締め切りという、心理的なプレッシャーを利用して

シゴトを終わらせるための方法を紹介しています。

 

締め切り直前で集中力が上がる事を

「締め切り効果」とこの本では呼んでいます。

 

締め切りを守れなかったときのリスク

これを想定して、何としてでも締め切りを守ろうとする事で

仕事への集中力が高まります

 

では、締め切りが守れないと

どのようなリスクがあるでしょうか?

 

まず、やはり

信用の問題に関わってきます。

締め切りが守れないだけで、その人は信用できない

という評価を受けます。

 

完璧でなくても、一通り終わらせて

締め切りを守る事が重要です。

 

締め切りがないと仕事ができない

私たちは、「明日までにお願い!」「今週の金曜日までによろしく!」

と、明確にいつまでにやるべきかを決められているので

タスクを終わらせる事ができますが。

『いつでもいいから終わらせといて』といった仕事を受けた場合

おそらく、ずっと放置するはずです^_^;

 

どんな仕事でも、タスクでも

しっかりと期日を決め、締め切りを設ける事が大切です。

 

締め切りを守るための対策

本の中ではもちろん、締め切りを守るための方法も紹介されています。

 

先ほども述べたように

完璧を求めすぎない事もひとつ、挙げられています。

 

しっかりとやるべき事を洗いだす事も重要です。

 

これを

電車に乗る事を例に挙げて説明しています。

 

例えば、自宅から目的地に向かう場合

10時に目的地到着がゴールであれば、そこから逆算して考えますよね?

 

10時着の電車を探し

その電車はどこを何時に出るのか

また、その電車に乗る為には、何時に最寄駅についている必要があり

その為には、何時に家をでて、その為には何時に起きて、、、と

 

このように

締め切りまでのしなければいけない事

それらにかける時間、かかる時間をしっかりと逆算で計算し

洗い出しておく事で、スムーズに行動に移す事ができます。

 

英語では締め切りをデッドラインと呼ぶ

英語では締め切りのことをデッドライン、直訳すると 死線ですが

 

英語では、超えてはいけないライン

という意味を持ちます。

f:id:entreprep2:20170209035500j:plain

 

そう、締め切りは絶対に守らないといけません

 

締め切りとは

著者の言葉をそのまま使うと

 

仕事をするうえでの最初の約束

であり

絶対に超えてはいけないラインです。

 

 

 

あえて締め切りを設け、意識させることで集中力を上げる方法

そして、締め切りを活用して

集中力を上げる方法が書かれている本です。

 

デッドラインを超えたくなければ、ぜひ読んでください\(^o^)/