読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

アントレプレップ新メンバー紹介|呉宮はじめ 挑戦し続ける20代の応援団長

アントレプレップ

はじめてみよう!やってみよう!

どうも、アントレプレップアドバイザーの呉宮はじめです!

 

f:id:entreprep2:20170210222843p:plain

 

最近、アントレプレップに加入したボクの

自己紹介をさせていただきます。

 

 

プロフィール

名前:呉宮はじめ

生年月日:2月8日(水瓶座)

好きな言葉:『はじめてみよう!やってみよう!』

好きな映画:『イエスマン』

チャームポイント:メガネ

嫌いなこと:ユジョンとの関係を聞かれること

 

 

2017年2月、アントレプレップ加入

毎日、起業に関する本を読み書評を上げ続けている

『まずやってみる』を人生のテーマとし

高校、大学の海外進学を3秒で決断する『ロケット決断術』

を16歳の若さで習得

 

考え

改まして、呉宮はじめと申します。

 

ボクには好きなコトバがあります。

それは、いつも言っている

 

『はじめてみよう!やってみよう!』

 

 

ボクはいままで、色々なことに挑戦してきました。

もちろん失敗もたくさんあるけれど

 

何よりも

経験として、自分にストックされている

知識であったり、考え方は

 

とても大きな財産だと思っています。

 

夢舞プロモーションやアントレプレップでも日々

 

UGOKE=ウゴけ

 

というコトバを掲げ、活動していますが

 

何事も

やって見ないとわからないことだらけです。

 

本を読んで、話を聞いて、理解することはできたとしても

実際に、自分自信でやって見ないと

身につかないと思っています。

 

挑戦する人を後押ししたい

今の世の中、特に今の20代は

景気のいい日本を経験したことがなく

大人たちが苦しんでいる姿しか見ていないので

挑戦することに対して、億劫です。

もしかすると、挑戦する大人すら見たことがない人もいるかもしれません。

 

しかし、そんなことを言っていると

次第に、生き残れない世の中になってしまいます。

 

ロボットやAIの発達により

私たちができるほとんどのことは、

テクノロジーに任せられる時代になってしまいました。

 

これまでのように挑戦することをやめてしまうと

ロボットやAIに、仕事を全て奪われ、生きていく術をなくしてしまうかもしれない。

 

テクノロジーは一例ですが

これからの時代は、“今までと同じ”では

生きていくのが本当に辛い時代に突入します。

 

だったら、若い、失敗しても何度でもやり直せる

若い20代のうちから

 

気になったこと、やって見たいこと、新しいこと

どんどんどんどんどんどん×100

 

やってみるべきだと思っています。

 

 

ボク、呉宮はじめは

挑戦し続ける20代の応援団長として

 

先陣を切って、

『はじめてみよう!やってみよう!』を発信し続けます。

 

最後に、ボク呉宮はじめが一番好きな歌詞を紹介して

自己紹介とさせていただきます。

 

ここまで読んでいただき

ありがとうございました!

 

みんなも

やりたいこと、新しいこと、好きなこと、気になったこと

『はじめてみよう!やってみよう!』

呉宮はじめでした

 

ヨロシク!

 

はじめよう やってみよう
誰でも最初は 初心者なんだから
やったことないことも やってみよう
苦手な相手とも 話してみよう
知らなかったこと 見たことないもの
あたらしい 楽しい

正しいより 楽しい
やってみようか
倒れるなら 前に倒れよう
やって後悔などすることないさ
理由なんていらない 

引用元

www.youtube.com