読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

みんながエース!子どもが持つ力を発揮できる学校【エースあそびの学校】の代表理事、西條さんを”ペンペン”☆

ホンキのお尻をペンペン

夢に向かっている人が、夢へもっと躍進できるように、   
ホンキの人のお尻をホンキで叩いてます♪ペンペン。

 

今日のペンペン(24/1000ペンペン目)は
一般社団法人 エースあそびの学校
代表理事 西條喜博さんです!!!

 

f:id:entreprep3:20170211145808j:plain


西條さんは1度お会いするだけで
ファンになってしまうような
熱くて、人思いで、一瞬でその場を明るくする
ワンピースでいう、ルフィみたいな人^^

 

 

 

 

そんな西條先生のつくるエース遊びの学校も
まさにそんな人思いなお人柄
色濃く出ている学校です^^

 

f:id:entreprep3:20170211150611j:plain

 

エースあそびの学校とは?

遊ぶことで運動能力を高め、
みんなが何かのエースになれる学校。

例えば、
逆上がりができなくても
縄跳びは誰よりも飛べる「縄跳びのエース」がいたり
「跳び箱のエース」がいたり。


できないことをダメなこととし、
ムリにやらせるのではなく、
その子がエースになれるコトで自信をつける。

そして、エースになることで自信がつくと、
自然と逆上がりも、他の運動も
できるようになるんだそうです。

子どもの頃に、
「自分はやったらデキる」
という自信がついた子どもたち。

エース遊びの学校を卒業した子たちが大人になった

世の中を思うとワクワクしますよね^^

 

 

 

そんなステキな学校を西條さんがつくったのは
今から6年前。

 

 

 

昔から子どもが大好きで、 
エースあそびの学校を始める前は
幼稚園の先生として働いていた西條さん。

 

 

 

高校2年生で幼稚園の先生を志しましたが、
希望大学の判定は全教科 ”E判定”。
先生たちみんなが「絶対ムリ」と言う中で

 

 


「オレは絶対やる!!」
と猛勉強されたそうです。

 

 


そして、1年の努力の末、
見事希望の大学へ合格しました。

 

 

 

その時の「自分はやればデキる」という自信。
その時の自信はその後、様々なことへ挑戦していく中で、

大きな力になったそうです。

 

 

 

そして、

「自分はやればデキる」

こんな自信を子どもたちにつけてあげたいという思いが
今のエース遊びの学校の教育に反映されています^^

 

 

 

その後、10年間同じ幼稚園で体育の先生として勤務しましたが、
通い始めた大学院で、視野が広がったことをキッカケに退職。

 

 

 

アルバイト、別の幼稚園での勤務を経て、

 

 

 

「自分が本当に子どものためにいいと思う教育をしたい」


「生きる力が身につく、副教科が学べる学校を作りたい。」

 

「誰でもスポットライトが浴びられる、エースになれる場所にしたい」

 

 

そんな思いから
エース子どもの学校をつくりました。

 

 

 

開校した最初の1年目の生徒数はわずか4人。

しかし、西條先生の思いのつまった学校は口コミ

で広まっていき、1年で20人まで広がりました。

 

 

 

そして、

阪神淡路大震災で大きな被害を受けた神戸の新長田。
震災で失った元気を取り戻したいという思いから、
新長田でもエース遊びの学校を開始しました。

 

 

 

しかし、

共感を呼んで順調に生徒数が増えていくなか、

ある時、方向性の違いにより、

2人3脚でエースあそびの学校を運営してきた先輩から

急に退職をきりだされます。

 

 

 

立ち上げから2年が経過し、軌道に乗ってきた時点で
パートナーのまさかの退職。

 

 

 

1人で運営をしなくてはならない状況は
とてもつらかったといいます。

 

 

 

しかし、そこからしばらくして、
西條さんと、学校に共感してくれた人が集まり

また一緒にエースあそびの学校を運営していく仲間ができました。

 

 

 

そして去年、もっとたくさんの子どもたちに
エース遊びの学校が知ってもらえるように、法人化し、

現在は約500人規模にまで成長しました!

 

 

 

法人化のタイミングで、

退職された元パートナーさんと

もう一度一緒にやっていこうと、

現在は一緒に運営されているそうです^^

 

 


「なにがあっても、縁は大切にしたい。」
 

「だからその先輩だって、一度は離れたけど、縁を切りたくはないし、

 エースあそびの学校を辞める子どもたちも

 「退会」じゃなくて「卒業」っていうねん。

 学校は辞めるけど、繋がりはずっとあるよって。」

 

 

 

そんな、人との繋がりを大切にする西條さんは、
本当に器の広い、あったかい方でした。

 

 

 

そんな西條さんの、夢は
エース遊びの学校を世界192ヵ国につくること!

 

 

 

そして、

この学校がなくても、

子どもたちが、持っている力を発揮して

いろんなことにチャレンジできるような世の中にしたい。
とおっしゃっていました^^

 

 本当にステキな夢です!!!

西條さん、エースあそびの学校で育った子どもたちは

本当に幸せだなと思います^^

 

 

 

ではでは、西條さんが夢に向かって躍進できるように

今日もやらせていただきます!

 

 

お尻をペンペンするためのハリセン
ペリセンでおもいっきりっヽ(^o^)丿

 

ペンペン! 

f:id:entreprep3:20170211153101p:plain

 

 

f:id:entreprep3:20170211154430j:plain

 

▼エースあそびの学校について、詳細はコチラ▼

www.ace-playground-school.com