アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

【書評】「0から1」の発想術 著者:大前研一

『はじめてみよう!やってみよう!出来ることが必ずあるからさっ!』 

挑戦し続ける20代の応援団長

アントレプレップ(起業準備) 呉宮はじめです!

f:id:entreprep2:20170210222843p:plain

お待たせいたしました。

起業に役立つ本を毎日読んで書評のコーナー

 

今日紹介する一冊は

「0から1」の発想術

 

著者:大前研一

「0から1」の発想術

(小学館)

 

起業家になるためには

とても重要な能力となる

 

「無から有を生み出すインーベーション力」を身につけるための

 

11の考え方が説明されています。

 

新しいアイディアを出す必要がある経営者の方

これから起業を考えている人にはオススメの1冊です。

 

すでにあるものから創られるイノベーション

 

世の中で革新的とされている多くの商品やサービスは

すでに存在しているもの同士を組み合わせたり、少し変えたり

そんなところから生まれています。

 

全ての新しい概念はすでに存在している(世界のどこかにある)と考える。

 と本書でも書かれているように

 

全くの新しいアイディアを作るのは難しいです。

というか、不可能に近いです^_^;

 

だったら、すでに世の中に存在している商品やサービス同士を

組み合わせて生み出せる価値はないかを考えてみます。

 

iPhoneが出て、約10年が経とうとしています、

もう10年とも感じますが、まだ10年なんですね^_^;

 

そんな、当時は世界を圧巻した革新的なアイディアも

 

すでにある

 

携帯電話+MP3プレイヤー

 

を掛け合わせた商品です。

(もちろんそれだけではないですけど)

 

このように、革新的なアイディアは

組み合わせから創られる価値を考えるところから

生み出すことができます。

 

使われていないを使う

 

最近では古民家をリノベーションしたAirbnbが外国人観光客に人気ですが

 

今は使われていないものを有効活用するという方法も

一つの「0から1」への発想方法です。

 

まだ日本では地域によってサービスが始まっていませんが

Uberも使われていない、時間と車を活用するという発想からうまれたアイディアで

 

今では世界的に広まっています。

 

Uberに関してはこちら→Uber - Wikipedia

 

このように、身の回りで

使われていないものはないか、を探し

さらに、それはどうにかして活用できないか考えだし

イノベーションを生み出すことができます。

 

 

と、

ここで紹介した方法以外にも

本では紹介されていますので

起業を目指す人はぜひ読んでください\(^o^)/

 

そして

様々なイノベーションを生み出していくことも重要ですが

大前さんは、このような考え方が重要だと言っています。

 

 

これは本当に大切な考え方だと思うので、それを紹介して

今回の書評は終わりにしたいと思います\(^o^)/

 

何回失敗しようが、

最後の1回で成功すれば、

あなたは成功者と呼ばれる。

 

一度の失敗で諦めないこと!!!

成功するまでやるから成功者になれるんですね\(^o^)/

f:id:entreprep2:20170221005622j:plain