読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

【書評】10%起業 1割の時間で成功をつかむ方法 著者:パトリック・J・マクギニス、小山 龍介  翻訳:長谷川 圭

書評 起業マインド 複業・パラレルキャリア アントレプレップ ビジネスアイデア

『はじめてみよう!やってみよう!出来ることが必ずあるからさっ!』 

挑戦し続ける20代の応援団長

アントレプレップ(起業準備) 呉宮はじめです!

f:id:entreprep2:20170210222843p:plain

お待たせいたしました。

起業に役立つ本を毎日読んで書評のコーナー

 

今日紹介する一冊は

10%起業 1割の時間で成功をつかむ方法

 

著者:パトリック・J・マクギニス

   小山 龍介  

翻訳:長谷川 圭

10%起業 1割の時間で成功をつかむ方法

 

最近のサイドハッスル記事でもご紹介した様に

 

日本政府が

働き方改革を進め、複業(副業)を容認している背景には

 

これまでの常識であった

企業に就職=老後まで安定

といった図式が描けない未来がすぐ近くまで来ているということです。

 

じゃあ、そうなった時のためにどうすればいいの?

 

といった疑問にお答えする本です。

 

起業や複業(副業)について、すでに考えている方だけでなく

起業=異次元 と思っている方にこそ読んでほしい1冊です。

 

 

必要なのは1割の投資だけ

この本が

他の起業関連書籍と少し違うのは

 

「0から全てを立ち上げよう!」

 

というジャンルの起業本ではないことです。

 

今ある

メインの収入源のシゴトを続けながら

 

自分の

時間と資本の10%を、別の事業に費やそう

という考え方です。

 

いきなり収入源が途絶えることもありませんし

精神的にも、経済的にも

かなり楽な状態で起業、あるいは複業としてスタートすることができます。

 

なおさら、サイドハッスル的な考え方ですね。

 

フルタイム起業家になるべきでない理由

著者は、一つの事業に絞って起業する人たちのことを

「フルタイム起業家」と呼び

この道を選ぶべきではない、理由も述べています。

 

いきなり今のシゴトをやめて

起業することは、夢も行動力もあり、素晴らしいことですが

見切り発車でなんでもうまくいくわけがありません。

 

起業するだけして、失敗してしまっては自分の首を絞めてしまうだけです。

 

起業も

失敗を繰り返しながら

うまくいくためには、どうすればいいのかを

自分で見つけなければなりません。

f:id:entreprep2:20170224192421j:plain

 

そんな時に

メインの収入源がある状態と、ない状態では、

状況が大きく違います。

 

著者は、

メインの収入源がある状態ん10%起業からスタートすることで

 

いきなり、シゴトをやめて起業し

失敗した時の最大のリスクをヘッジしています。

 

 

10%起業では

メインの収入源をしっかりと確保して置くことは

非常に重要なことです。

 

 

と、起業というワードがタイトルにも使われていますが

 

正確には

複業というワードがイメージしやすいかと思います。

 

 

本の中では

ビジネスプラン、資金繰り、チーム作、そして

メインの収入源となるシゴトを続けながらも

10%の時間と資金でビジネスを始めるメリットがとてもわかりやすく書かれています。

 

これから複業を始める方、起業を考えている方は

必読の1冊です!