読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

ハーバード大学の研究が明らかにした、成功するリーダーシップの極意

起業マインド ビジネスアイデア アントレプレップ

こんばんは!

アントレプレップ(起業準備)代表 ユジョンです\(^o^)/

 

f:id:entreprep2:20170226005741p:plain

 

先日、面白い英語の記事を見つけたので

みなさんにちょっとご紹介したいと思います。

 

何と言っても、タイトルに

 

「ハーバード大学の研究で...」

と書かれていたので、すぐにクリックしました。

 

いいキャッチコピーですねw

 

その内容は

 

リーダーシップのあり方に関する研究結果でした。

 

 

「信望」と「支配」

 

リーダーシップにはこの2パターンあると

ハーバードの研究者が解説しています。

 

チンパンジーなどの霊長類は「脅迫」によってリーダーシップを発揮するように

 

人間も、攻撃や罰そして報酬を上手く活用して

「支配」してきました。

 

こうした「支配」という手段を使い

リーダーシップを発揮してきた人たちは

 

歴史上、強大な権力を手にしてきました。

 

 

一方で

「信望」を発揮するリーダーシップは

人間特有のもので

それぞれが、個々の能力や知識を認め合います。

 

そのため、大きな権力の差は生まれせん。

 

これをわかりやすく映画

『猿の惑星- 創世記- 』で例えるとすれば

 

「信望」タイプが、主人公の猿、シーザー

 

「支配」タイプのリーダーは檻の中で元々ボスを張っていた

名前不明の猿です。

 

f:id:entreprep2:20170307213338j:plain

 

シーザーは研究によって

感情、そして人間以上の知恵を持っていたため

 

「信望」というテクニック駆使し

他の猿たちをまとめ上げました。

 

一方で、名も無き猿は

完全なる恐怖政治です。

 

個人的にはめっちゃわかりやすい例え出したつもりなんですが

 

「分からねえよ」

「猿の見分けつかねえよ」

「お猿さん可愛い」

 

という方は

 

ぜひ、

 

『猿の惑星 -創世記-』

 

一度ご覧ください。

 

大幅に脱線しました。

 

話を戻します🍌🍌🍌

 

 

「支配」タイプのリーダーは

チームを注意深く監視し

チームそして仕事にとっての脅威となる存在がいれば

すぐさま追い出すなどの処置を施し

あまりチーム全体が一体感を得ることはありません。

 

「信望」タイプのリーダーは

チームにとって脅威となるようなメンバーですら

仲間として受け入れ

チーム全体が一丸となって目標達成のために動きます。

 

「支配」タイプが必要な場合

 

「支配」タイプのリーダーシップは

ネガティブなイメージを持たれがちですが

 

 

議論や感情を交えての決断ができない、瞬時に判断しなければいけない

状況や

 

日頃は、あまり一緒の方向を向いて仕事をしない

他部署などをまとめ上げる際は

 

「支配」タイプの考えや行動が優位に働くことが多いです。

 

 

「信望」タイプが必要な場合

クリエイティブなアイディアや

新しい企画についてブレインストーミングをする際など

全員の意見や知識を尊重できる

「信望」タイプのリーダーは

 

より力を発揮します。

 

 

 

このように、

どちらか一方が優れいてるというわけではなく

 

優れたリーダーは

 

この「支配」と「信望」を

状況に応じて、変えられるリーダーであると

 

 

ハーバードの研究者が解説している記事でした。

 

詳しく英語で読みたい方は

こちらをどうぞ

www.weforum.org