読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

【書評】クレイジー・ジーニアス 世界を変える天才は君の中にいる 著者:ランディ・ゲイジ

はじめてみよう!やってみよう!出来ることは必ずあるからさっ!』

挑戦し続ける20代の応援団長

アントレプレップ(起業準備) 呉宮はじめです!

 

f:id:entreprep2:20170210222843p:plain

 

お待たせいたしました。

起業に役立つ本を毎日読んで書評のコーナー

 

今日紹介する一冊は

クレイジー・ジーニアス (世界を変える天才は君の中にいる)

 

著者:ランディ・ゲイジ

クレイジー・ジーニアス

世界を変える天才は君の中にいる

(早川書房)

 

この本は

 

起業して成功したいのなら

「クレイジージーニアス」

 

つまり、クレイジーな天才でなくてはならない。

 

と著者は述べています。

 

そしてその天才とは

全ての人の内に秘められています。

 

 

それを開く方法とは

 

今ある常識を大きく覆すことから始めましょう。

 

 常識・ルール・当たり前

世の中では

 

「昔からこうだったから」

「みんながこうしているから」

 

こういった理由だけで、

 

新しいことにチャレンジしない、できない人がたくさんいて

 

そういった人たちが世界を支配している

 

と著者は主張します。

 

つまるところの

 

昔からの常識や、ルール、当たり前になっているものに

囚われているのですが

 

果たして、そういった決まりに

 

根拠はあるのでしょうか?

 

ほとんどの場合、ないような気がします笑

 

この本が面白いのはここから。

 

 

こういった

根拠のない決まりに囚われている人たちが多いことを批判するのが

これまでの通常の本ですが

 

ランディ・ゲイジは違いました。

 

 

だからこそ「チャンスだ」と著者は捉えています。

 

世界が、「型通りの思考」で犯されているからこそ

 

「型破りな思考」がイノベーションを起こし

大きなチャンスを生みます。

 

起業=芸術

著者は

 

起業は芸術であり、

起業家は芸術家であるべきだと

述べています。

 

これは個人的な見解も含まれますが

 

大成功を収める芸術家というのは

 

型にはまったような綺麗な作品を作る人たちではなく

 

どこか、人と違った発想を持ち

 

『常識にとらわれない』作品を作る芸術家こそが

 

大きな功績を納めていることが多いと思います。

 

常識にとらわれている=すでにある

 

つまり

 

おもしろくない

 

面白くないものは、誰も必要としません。

 

面白いからこそ

人が集まり、人が欲する。

 

だから、起業家である以上

 

芸術家のように

 

常識にとらわれない思考

 

でアイディアを生み出す必要があります。

 

成功したければ、クレイジーになろう

 

著者の言葉です。

 

失敗は成功の反対ではなく、

必要不可欠な要素であり、

成功の反対は凡庸さである

 

ふむふむ

 

失敗は成功には欠かせないんですね!

そりゃそうですよ。

 

失敗とは学びです。

 

学びなしに成功はありません。

 

じゃあ成功の反対とは?

 

凡庸=平凡であること。

 

 

そうならないためにクレイジーになれということです!(適当)

f:id:entreprep2:20170307224611j:plain

 

は冗談で。

 

 

冒頭でも述べたように

 

みんなそうしているから

といった理由で行動を起こしても

本当に何も生まれません。

 

おそらくこの本を読んでも

8割の人は、自分は対象じゃない

 

 

と感じるでしょう。

 

そういった人たちがいるからこそ

 

残りの2割。

 

クレイジーになろうとする人たちは

成功を収めることができるんだと思います。

 

 

そもそも、

 

「起業」を目指している時点で

 

すでにクレイジーなのかもしれませんね\(^o^)/