アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

【書評】 仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか? 著者:木部 智之

はじめてみよう!やってみよう!出来ることは必ずあるからさっ!』

挑戦し続ける20代の応援団長

アントレプレップ(起業準備) 呉宮はじめです!

 

f:id:entreprep2:20170210222843p:plain

 

お待たせいたしました。

起業に役立つ本を毎日読んで書評のコーナー

 

今日紹介する一冊は

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

 

著者:木部 智之

仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?

 

起業するともなると

 

おそらく、シゴトの量は増え

会社勤めで働いている人以上の時間を

 

シゴトに費やすことになりますが

 

私たちに与えられた24時間は

全員に通じて平等。

 

そんな中で

なぜ、起業家や世の中の成功者は

ひとつひとつのシゴトを終わらせるのが早いのか

 

本の中からその方法をいくつかご紹介します

 

 シゴトを早くする3原則

 

まず、本の中では

次の3つがシゴトのスピードをあげると紹介しています

 

1.速くやる

2.ムダを省く

3.確実にやる

この3つを意識することが重要です。

 

f:id:entreprep2:20170313015524j:plain

その上で、具体的な方法をみていくことで

 

 

それぞれ、この3つの原則のうち

どれにハマるのかが理解できるので

 

ご自身のシゴトスピードをあげるためには

どの方法を用いることがベストなのかが

 

より、理解できるのではないでしょうか?

 

完璧を目指さなくてもいい

 

「手を抜け」

 

というわけではありません。

 

80点でも、50点でも

モノとして、カタチ作って置くことは

非常に重要です。

 

完璧を求めすぎて

「出来ませんでした」は

完璧どころか

 

ただの0点なので^_^;

 

スケジュールを立てて期限を決める

シゴトにとりかかる前にまず、時間を割いて

 

ゴールを決め、ゴールからの逆算で

シゴトを分解し

それぞれのシゴトをいつまでに終わらせるか

 

と、期限を決めます。

 

ここで重要なのは

 

逆算と、分解、そして振り分けです。

 

シゴトを終わらせる

優先順位を決めることも非常に重要ですが

 

基本的には、もっとも労力のかかるシゴトから取り組みます。

 

 

スケジュールを逆算で立てることは

 

実は非常に難しく

慣れるまで時間がかかります。

 

時間をかけてスケジュールを立てているうちに

 

「こんなことしてるよりも、作業に取り掛かろう」

なんて考えてしまいますが

 

まずスケジュールを立てることは

とても大切です。

 

シゴトができる人は、0からやらない

シゴトスピードが高い人は

やはり効率化することが非常に上手です。

 

1回目、2回目と

同じ仕事が重なることがあれば

 

形を作ってしまいます

 

マニュアルやチェックリスト

テンプレートなどを

 

作ってしまいます。

 

そうすることで、

同じようなシゴトが必要になったときでも

 

あらかじめ用意しておいたフレームを活用することで

 

なんども同じ作業を繰り返しやるよりは

とても効率的にシゴトを進めることが出来ます。

 

 

このように

シゴトが遅い人の傾向としては

何も持たない状態で、いきなりシゴトに取り掛かってしまうタイプです。

 

シゴトのスピードが早い人ほど

準備に時間をかけ、効率化できる仕組みに時間をかける人が多いです。

 

 

この本を読めば、シゴトが早い人の

極意が学べます。

 

起業を目指しているなら

必ず、読んでおいた方がいい本です!