アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

5年先の未来を先読む ミラクル(未来)書評始めます

アントレプレップ(複業起業準備)代表 ユジョンです!

f:id:entreprep2:20170226005741p:plain

突然ですが

タイムマシン経営というコトバをご存知でしょうか?

 

タイムマシン経営とは

ソフトバンクの孫正義さんが提唱していた、ある法則のことで

 

アメリカで成功したビジネスモデルやサービスを

いち早く日本に持ち込んで成功するビジネスモデルのことです。

 

これまでも、そしておそらくこれから先ずっと。

 

流行りというものは

東から西へと流れて来ます。

 

 

その例は、あげればキリがないほど存在します。

 

アメリカで大人気の飲食店が日本にやってきたり

アメリカで流行っている曲や映画が日本に持ち込まれたり

アメリカで話題のサービスが日本に流れてきたりなど

 

時差はそれぞれですが

基本的に、少し遅れて日本に入って来ます。

 

簡単にまとめてしまうと

 

アメリカで流行っている=時期日本でも流行る

ということです。

 

これはサービスやモノだけに限られたことではなく

ビジネスでの流行や

社会的な流れまで、アメリカで起こったことは

 

ことごとく、日本でも起こって来ました

 

 

本題に入ります。

 

つまり、今アメリカで流行っているビジネスモデルを

うまく日本流にアレンジし、持ち込むことができれば

 

非常に、大きな成功を掴むチャンスとなります。

 

 

 

そこで、今回目をつけたのが

 

『洋書』

 

アメリカで成功したビジネスノウハウを記したビジネス書は、


日本より5年進んでいると言われています。

 

しかし、今の時代意外かもしれませんが

実は、ビジネスに活かせる洋書ほど

 

日本で、翻訳されていません。

 

これには、大きな理由があるのです。

 

基本的に、洋書は分厚いモノが多く

それを、さらに日本語にするとページ数が2倍近くなってしまいます。

 

 

一般的に、日本で売れる本のページ数は

200〜300とされており、あまりにも分厚すぎると、売れなくなってしまいます。

 

 

なので、それを軽く越してしまう、洋書の翻訳は

日本の書店では、売れないと判断され

出版社も、取り扱おうとはしません。

 

今でこそ、海外の書籍を取り扱う出版社は出て来ていますが

 

それでもまだまだ、

 

アメリカには眠りっぱなしの

宝が、たくさん埋もれています。

 

 

そこで!

 

カルフォルニアの大学で学び、

アメリカ人よりも英語の発音がキレイと言われる

アントレプレップ代表のユジョンが

 

ビジネスに役立つ洋書から

重要なところをピックアップして

書評という形で、未来の情報をお届けします!

 

 

しかし問題は、、、

 

『ホンキで洋書を読んだことがありません』

 

大学時代、もっと勉強しとけばよかったと

3日に1回は反省している次第です。

 

なので!

 

発音はキレイだけれども

読むことはめっぽう弱いユジョンが

 

中学生レベルの英語力でも

7日間で洋書が読めるようになる方法

 

を実践しながら

独自のマニュアルにまとめていきます!

 

このマニュアルが完成すれば

 

どれだけ、英語力に自信がない方でも

 

5年先を行くアメリカの素晴らしいビジネスノウハウへ

リーチし放題になってしまいます。

 

 

この1週間で読む本はコイツ!

 

"HUSTLE"

f:id:entreprep2:20170314211321j:plain

 

 

HUSTLEとハッスルしてきます(笑)

 

では、今後のミラクル(未来)書評を

 

お楽しみに\(^o^)/