アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

【書評】仕事の結果は「はじめる前」に決まっている 著者:大嶋 祥誉

はじめてみよう!やってみよう!出来ることは必ずあるからさっ!』

挑戦し続ける20代の応援団長

アントレプレップ(複業起業準備) 呉宮はじめです!

 

f:id:entreprep2:20170210222843p:plain

 

起業に役立つ本を毎日読んで書評のコーナー

 

今日紹介する一冊は

仕事の結果は「はじめる前」に決まっている マッキンゼーで学んだ段取りの技法

 

 

著者:大嶋 祥誉

仕事の結果は「はじめる前」に決まっている

(KADOKAWA)

 

シゴトは段取りが全て。

 

シゴトは働いた時間に比例するのではありません。

 

世界で成功するエリートたちは

よりスピーディに、そしてハイクオリティなシゴトをこなします。

 

その秘訣はまさしく

 

"準備"

 

起業準備にも活かせる考え方がないかと

読んでみました。

やるべきことを明確に

 

かなり当然のことかもしれませんが

実は、これができていない人が意外と多い?

 

何をするのか、どのようにするのか、どれだけするのか

 

これらをはっきりと明確にさせることが必要です。

 

本書の中では、そのステップを

3つに分けて紹介しています。

 

 

1.生み出すべきバリューを明確にする

このシゴトをすること(完了)することでの目標にあたります。

 

誰に、何を、どのように

などを基準に考える必要があります。

 

 

アントレプレップ流に言えば

 

『誰のどんなお役に立つのか』

 

2.バリューを生み出す流れを考え、ステップごとに分解する

 

どうすれば、目的を達成できるのかを考え

その方法を分解していきます。

 

どうすれば、その人の役に立てるのか

考えついた方法にいきなり取り掛かるのではなく

分解して、いきます。

 

大きなステーキにいきなりかぶりつくのではなく

小さく切ってから食べるのと同じです。

 

細かいほど効率も上がります。

f:id:entreprep2:20170328020714j:plain

3.分解したステップごとにタスクを書き出す

各ステップでのタスクをかけるだけ書き出します。

 

 

さらに付け加えると

それぞれのタスクに優先順位を振り、期日を決めて置くことも重要です。

 

 

実際にこのように、シゴトに取り掛かる前の準備をすることが

最も時間がかかり、面倒かもしれません。

 

実際にそうです^_^;

 

しかし、

 

しっかりと計画を立てることが

シゴトのスピードをあげながら質を下げない秘訣です。 

 

成功している人や

忙しいのに、全てのシゴトを完璧なレベルで仕上げる人たちは

ほぼ間違いなく、『段取り』をとても大切にしています。