アントレプレップ(複業起業準備)

5年で9割の会社がなくなります。9割に入りたくなければ、準備をしましょう。

失敗したスタートアップ企業のまとめサイトから失敗しない術を学ぶ

アントレプレップアドバイザー 呉宮です^_^

 

日本で、スタートアップ企業が5年後に存続している可能性は

2割を切る。

 

企業存続率については、多くの方がご存知だと思います。

 

じゃあ失敗しないためにも
失敗したスタートアップの理由を参考にすれば

 

失敗を防ぐ対策を立てられるのではないでしょうか?

 

そんな失敗したスタートアップたちをまとめた

海外の面白いサイトを見つけてしまいました。

 

その名も

Startup Graveyard(スタートアップの墓場)

http://startupgraveyard.io/

f:id:entreprep2:20170614201407p:plain

 

 

タイトルがストレートすぎるのが

海外らしいですねw

 

実際にどんなスタートアップが墓場に眠っていて

どんな理由で失敗してしまったのか

いくつか覗いて見たいとおもいます。

 

 HOMEJOY(ホームジョイ)

f:id:entreprep2:20170614204538p:plain

 

ホームジョイは、

プロの掃除やと、クライアントを繋ぐプラットフォームとして

2012年から、2015年までサービスを提供していました。

 

一見、需要がありそうな

ホームジョイのサービス

そんなホームジョイが失敗した理由がコチラ

 

f:id:entreprep2:20170614204650p:plain

 

・初月以降、25%の顧客しかサービスを継続利用しなかった

 6ヶ月以上継続利用した顧客は10%以下

・新規顧客開拓にコストをかけすぎた

・拡大スピードが早すぎた

・従業員の資格問題

etc

が挙げられています。

 

継続されなかった理由なども知りたかったですが

下部のコメントには

サービスの質が悪かった、といった意見も見られたので

その点が大きく影響しているんじゃないでしょうか。

 

他にも、需要が大きい分

競合他社が多くいたことも原因として考えられますね。

 

 SECRET(シークレット)

f:id:entreprep2:20170614205819p:plain

シークレットは

ユーザー同士が、匿名でそれぞれのシークレット(秘密)を

共有するという、オンラインサービスでした。

 

25人もの投資家から

合計、約3500万円投資を受けていたことを見ると

大きな期待を寄せられていたことがわかりますが

なぜ失敗したのでしょうか?

 

f:id:entreprep2:20170614210024p:plain

・日に日に、ユーザーの訪問数が減少した

・匿名が故に、不適切な発言や他のユーザーを攻撃するような

 コメントなどが増え始めた。

 ルールなどを制定しようとしたが、時すでに遅し

・創業者が、会社のビジョンを全体に共有できていなかった

・シェアホルダーが持ち株を売却したさいに

 会社としての長期ビジョンがなかったことが明らかになった。

 

 

と、

ビジョンがなかったことが大きな原因ですよねこれ。

 

アイディアとしては、とても面白いものだと思いますが

一過性にのコンテンツになってしまうことも

なんとなく想像できてしまいますw

 

創業者がビジョンを共有できていなかったのも

残念な点ですね。

 

 WANTFUL(ウォントフル)

f:id:entreprep2:20170614210725p:plain

こちらのサービスは

ユーザーが選択する人物像に基づいて

プレゼントを選んでくれるサービスです。

 

すでに、危ない感じが出ているのは気のせいでしょうかw

失敗した理由を覗いてみます。

 

f:id:entreprep2:20170614210831p:plain

・ノードストーム(アメリカ最大級のデパートチェーン)を

最大の出資先として頼っていたが、計画も通らず

結果的に、失敗に終わってしまった。

・友達へギフトをプレゼントするというコンセプトから

自分へのギフトへ変更。これにより、複数の競合との

争いに巻き込まれることになる。

・追加の出資を受けるための施作に失敗

 

 

うーん、明らかな準備不足としか言いようがないですね。

 

個人的には

人物像を入力することで、その人の好みに合わせた

プレゼントを選んでくれるサービスは

うまく展開すれば

 

多くの方に喜ばれるサービスになったのではと思いますが。。。

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

なかには、笑ってしまうような理由もありましたが

 

こうした、失敗したスタートアップの理由を基に

失敗しない対策を考えるのも

5年で消えてしまう8割に入らないためには

重要かもしれませんね^_^

 

今後、このサイトに

犠牲者が増えないことを祈ります(笑)

 

 

 

海外にはこういった面白いサイトがあるので

今後、見つけ次第シェアしていきたいと思います\(^o^)/